後遺症認定は被害者から請求を

後遺症の認定に関しては被害者側から請求しなければ経済的に不利益を被ることは決して少なくありません。保険会社に依頼して手続きを進めてもらうこともできますが、必ずしも全ての対応をしてくれるは限らず、被害者が後遺症を認定されるための最善の手続きをしてくれるわけではないのです。手間もかからず、わずらわしいからそのほうがよいと感じる方もいるかも知れませんが、安易な妥協は不利益になる可能性があります。

後遺症認定その点、専門の弁護士であれば、後遺症認定の手続きでどのような点に注意をしなければならないのか、具体的な情報を伝えてくれます。的確な弁護士の手続きで後遺症認定が認められるケースも少なくありません。また、状況によっては異議申し立ての手続きをすることで、賠償が認められることもあります。交通事故で不利益にならないようにするためにも、もし後遺症が認められる可能性があるケースであれば、事前に相談をされることをおすすめいたします。

最終的に交通事故で賠償金額が大きくなるのは「後遺症」が認められるかどうか、にかかっている点にあります。そのことを踏まえて後遺症認定の手続きは専門の弁護士に任せされることを検討してみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
弁護士特約の確認を
交通事故の後遺症認定は弁護士へ相談を
交通事故被害で頼りになる弁護士